野菜宅配で失敗しない為の選び方

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加  

選ぶ際に確認しておきたいポイントと注意点について

野菜宅配業者の選び方で悩んでいる女性

美味しい野菜はいつもの食卓に欠かさず常備したいものです。そして、できれば産地直送で安心して食べられるフレッシュな状態のお野菜を食べたいと思う気持ちが強いのではないでしょうか。

 

しかし実際忙しい毎日では、状態の良いお野菜を購入したくても帰宅時には売り切れていたりして、思い通りのお野菜に巡り合えないこともしばしばあります。

 

そんなとき役に立つのが野菜宅配です。地方色豊かなお野菜や旬のお野菜を宅配するシステムを賢く選んで、食卓を美味しく彩りましょう。

 

野菜宅配を注文する目的を明確にしましょう

いざ野菜宅配をするにあたって、生鮮食品という観点から目的や使用用途などを考慮しておくことがとても重要です。次のチェック事項を参考に、購入前の宅配業者選択のポイントをまとめておきましょう。

 

配送のタイミング

週に決まった曜日から指定するところなど配送日時は様々です。自分の都合の良い配送日でその都度タイミングを設定できる野菜宅配が断然に利便性が良くお勧めです。

 

長期の外出予定がランダムにあったり、在宅時間が不規則な方の場合では、前日の夜まで注文設定の変更が可能であるシステムを導入しているところもありますので一度HPなどで確認してみましょう。

 

お野菜の量が見合っているか

新鮮なお野菜はやはり保存に回すのではなく、食べきってこそ美味しさも栄養価も根こそぎいただけます。家族の人数や、食べる量、思春期世代の食べ盛りなどを頭に入れて、実際にどれくらいの量を消化するか思い浮かべてみましょう。

 

大半の野菜宅配が週1回などの定期便や、人数設定で構成されたセット物のラインナップがあります。お試しセットも登場していますので、実際に試してみて量を確認してみるのもお勧めです。

 

鮮度は良いか

野菜の美味しさを決定するのは何といっても鮮度の良さです。単に注文するだけではなく、お野菜の流通システムをしっかりと明確にしている宅配サービスを選ぶことが一番のポイントです。

 

例えば、提携農家があり、お野菜の近況を随時公開しているなど安心してお取り寄せできる体制が整っているか?等を調べておきましょう。

 

最近では注文してから配送日に契約農家からお野菜が収穫されて、自宅に直送される野菜宅配が人気を呼んでいます。

 

また柔らかな葉物野菜や傷みやすいお野菜はきちんと梱包されていないと露骨にダメージを受けやすく、届いた時点で状態が悪くなりがちです。

 

それぞれの野菜の個性を見極めた梱包がされてこそ、鮮度や美味しさが一層増します。お試しセットがあるようならば一度どのような状態で梱包されてくるのかを確かめるのも有効な手段といえます。

 

安全性が配慮されているか

野菜宅配の検討にあたっての意識調査によると、安全面での心配が1位に上げられている背景があります。残留農薬、放射能、大気汚染など、お野菜への付着が懸念される材料は特に小さなお子さんがみえる家庭では重視するべきポイントではないでしょうか。

 

生産段階での農薬の使用状況や、出荷時における検査がしっかりとされているか、又情報開示も行われているかも考慮の範囲に入れておきましょう。

 

オーガニック農法など、こだわりの生産システムを持つお野菜に絞り込むなど、納得のいく安全性があり信頼できるものであるかきちんと見極めましょう。

 

長く扱える野菜宅配か

こだわりのお野菜だけに、コストの面においてスーパーマーケットに比較して少々高めなのが否めません。

 

統計によると1回の注文で小さなお子さん一人とパパ・ママの三人家族で約3千円の出費になると出ています。

 

送料込なのかなど家計出費を考慮したうえで毎月の概算を出して、どの程度のスパンで注文するかを決めておくと無駄な消費を省くことができます。また、サービスが手厚いかも調べておきましょう。

 

サービス例

  • 梱包が丁寧で鮮度を保つ状態で配送されているか?
  • 商品への疑問にきちんと答えてくれるか?
  • 傷んだお野菜の返品交換が迅速か?
  • 再配システムがあるか?
  • 毎月の会計内訳をメールなどで報告してくれるか?
  • メニューレシピや美味しい食べ方の案内があるか?

 

トラブル回避の為の注意点

トラブルに巻き込まれる女性

よくあるトラブルとして送料や途中キャンセルなどの問題があります。

 

送料では、初回は無料だったのに2回目以降が送料がかかることが通達されておらず更にクール便価格が合わさって支払金が嵩んでしまったというケースがみられます。

 

また、急用でキャンセルや再送が効かなかったり、情報開示がしっかりとされていないなどのサービスが皆無に等しい場合も発生しています。

 

トラブルを回避するためにも利用するユーザーの生の声=口コミを閲覧するなどして、利用にあたっての細かなサービスが疎かになっていないかきちんと把握しておきましょう。実際に、素朴な疑問や質問をしてみてきちんと答えが返ってくるか試してみるのも良い手段です。

 

関連コンテンツ