ベジエ グリーン酵素スムージーの体験レポート

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加  

ランキング

メタボーがベジエ グリーン酵素スムージーを徹底検証してみました。

メタボーのベジエ グリーン酵素スムージー評価まとめ

ベジエ グリーン酵素スムージーは、株式会社KIYORAという化粧品、健康食品、雑貨の製造・販売などを行っている会社から発売されているグリーンスムージーで雑誌以外に、@cosmeの健康サプリ部門で1位になったこともあるようです。

 

そこで@cosmeをチェックしてみると、メタボーが見た時点では60人がレビューされていて、ざっとチェックしてみた所、評判も良かったので一度試してみる事にしました。

 

各5項目を20点満点中で採点し、最後に100点満点中の何点だったのかを算出。

原料面【12点】

市販のグリーンスムージーに関しては、原料面で各社それほど大きな違いがない中で、ベジエのグリーン酵素スムージーには「プラセンタ」と「コラーゲン」という美容成分がプラスされているのは、女性にとっては魅力的ですね。

 

原材料名一覧をチェックしてみると、主原料が「水溶性食物繊維」、「ブドウ糖」、「大麦若葉末」と続いており、美容成分も配合されている事から、便秘気味の方以外に、美容ドリンクなどに興味がある方にもにおすすめの商品かなと思いました。

 

ただ甘味料に「アセスルファムK」、「スクラロース」が配合しているのが残念ですね。

 

摂取面【10点】

水200mlに対して粉20gをシェイカーに入れて作ったグリーンスムージーが、味の濃さ、トロミ感ともに平均的な感じで飲みやすかったです。

 

シェイカーを使わず、10秒ほどスプーンで混ぜるだけで、ほとんどダマにならず、溶け残ったりすることもなかった点は、時間短縮に繋がり便利だと感じました。

 

ただシェイカーで作ったスムージーと飲み比べてみると、シェイカーで作った方が味、食感共に美味しかったので、メタボー的にはシェイカーで作る事をおすすめします。

 

価格面【10点】

1杯あたりの単価が約193円と少し割高感があります。

 

品質面【15点】

原料の産地については、国内外の原料が使われているようです。

 

製造工場についてサポートに確認してみると、充填・包装につきましては、GMP取得工場ではありませんが、ISO22000取得工場にて行っているようです。

 

安心面【10点】

パッケージの栄養成分欄には、食物繊維量の記載はありませんでしたが、ビタミン類などの配合量は公開されています。

 

商品に関するお問い合わせ先は、記載されていませんでした。

 

採点の合計

メタボーが採点した合計は…【57点】となりました。

公式サイトへ

 

目次へ戻る

ベジエ グリーン酵素スムージーのレビュー

封を開けてみると、ちょっと濃い目のグリーンの粉末が入っています。

 

グリーン酵素スムージーの中身

 

これまで試した2つのグリーンスムージーよりも、明らかに粒が大きいですね。粉末とは言わないかも。

 

粒が大きいと空気を取り込みやすくなるのでダマになりにくいというメリットがあり、その辺りはのちほど確認してみたいと思います。

 

匂いに関しては、これまでのグリーンスムージーと同様に、グリーン系の青臭い匂いがしてきます。

 

それでは早速作ってみたいと思います。

これまでのグリーンスムージーとは違いシェイカーが不要ということで、コップに水を100〜200cc入れてから、ベジエ グリーン酵素スムージーを10〜20g入れてくださいとのこと。

 

水200cc 粉10gをスプーンでかき混ぜる

最初はコップに水200cc、そこにグリーン酵素スムージー 10gを入れてスプーンで掻き混ぜてみることにしました。

 

水200ccに対して10gで作る

 

10秒ほど掻き混ぜると、ほとんどダマになるようなこともなく、粉はほとんど溶けて、あっという間にグリーンスムージーの完成です。

 

完成しました

 

シェイカーで作る市販のグリーンスムージー以上に手間いらずです!

 

鼻を近づけると、グリーン系の青臭い匂いから一転、アップル系のいい匂いに変わっています。それでは早速飲んでみたいと思います。

 

飲んでみます

 

「ゴクリ」

 

抹茶にアップルマンゴーが加わったような味ですが薄いです。

 

やぱり水200ccに対して10gは少なかったようです。

 

夏の暑い日とかだと、これくらい薄い方がゴクゴク飲めていいかもしれませんが、メタボー的にはちょっと物足りなさを感じました。

 

あとトロミはほとんどないので、この比率だと満腹感もあまり期待できないかもしれません。

 

味の濃さ:1

トロミ or 満腹感:1

おいしさ:2

 

水200cc 粉20gをスプーンでかき混ぜる

翌日はコップに水200cc、そこにベジエのグリーン酵素スムージー 20gを入れてスプーンで掻き混ぜてみることにしました。

 

水200ccに対して20gで作る

 

10秒ほど掻き混ぜるとほぼ溶けてなくなっていますが、底を見ると少しダマが残っているかなという程度。まぁ問題ないでしょう。

 

完成

 

抹茶味が強くなったかな?といった印象で、10gの時より味が濃くなったので飲みやすくなりました。

 

トロミ感をチェック

 

あとトロミ感が少しアップしていますが、満腹感がアップするほどではなさそうです。

 

味の濃さ:3

トロミ or 満腹感:2

おいしさ:2

 

水200cc 粉20gをシェイカーでかき混ぜる

今度はシェイカーを使って、水200ccと粉20gの比率で作ってみたいと思います。

 

水200ccに対して20gで作ってシェイカーで掻き混ぜる

 

完成

 

完成しました。

 

気砲が上がってきません。

 

シェイクした時に入った気砲が上にあがってこず、あくまで推測ですが、水溶性食物繊維がゲル状になって、気砲を包み込んで留まらせているのかなと感じました。

 

これまで作った別のグリーンスムージーでは、こういった経験はなかったです。

 

さらに、味や食感の違いについてですが…

 

スプーンでかき混ぜただけの時より青臭さが少なくなり、アップルマンゴー味が強く感じられました。

 

トロミ感をチェック

 

また食感が、「トロトロしてゼリーっぽい」食感に変わっていて飲みやすかったです。これならお腹にも溜まりそう感じがしますね。

 

正直作り方で味や食感などが変わると思っていなかったのでびっくりしました。

 

味の濃さ:3

トロミ or 満腹感:3

おいしさ:3

 

トロトロ感などを比較してみました。

 

以上の事から、スプーンでかき混ぜるだけの方が手間はかかりませんが、メタボー的にはシェイカーで作る方が美味しく飲めておすすめです。

 

作っている様子を動画で紹介

 

低脂肪牛乳200cc 粉10gをシェイカーでかき混ぜる

牛乳割りのグリーン酵素スムージー

 

ほどよい甘みがあり、食感はサラサラで、さっぱりして飲みやすい抹茶オーレ風味です。

 

味の濃さ:2

トロミ or 満腹感:2

おいしさ:3

 

ヨーグルトに入れてみる

プレーンヨーグルトに粉10gを入れてみました。
ヨーグルト割りのグリーン酵素スムージー

 

ヨーグルトの酸味とアップルマンゴー味の相性が良かったので美味しかったです。

 

味の濃さ:3

トロミ or 満腹感:3

おいしさ:4

 

目次へ戻る

ベジエ グリーン酵素スムージーの口コミ&評価

ベジエのグリーン酵素スムージーを飲まれた方の感想をまとめいます。

neneさん

お薦め度3
ドラッグストアーでたまたまベジエのグリーン酵素スムージーを見かけて美容成分も入っているとい事で、試しに買ってみました。水で割るとさっぱりしていますが、牛乳で割ると結構甘いですね。しばらく続けて飲んでみたいと思います。

 

ゆずきさん

お薦め度4
いくつかグリーンスムージーを試した中で、食物繊維の量がベジエのグリーン酵素スムージーが一番多かったので、一度購入してみました。結構便秘気味なのですが、これを飲みだしてからお通じがよくなりました。飲みやすいので続けてみたいと思います。

 

まいさん

お薦め度3
粉の匂いを嗅いだ時は青汁っぽい感じがして大丈夫か不安でしたが、牛乳で割って飲んでみるとすごく美味しいです!私は朝を置き換えているのですが、昼までお腹がもつので、ダイエットできるか楽しみです。

 

とちちさん

お薦め度3
プラセンタやコラーゲンが入っているとい事で、ベジエのグリーン酵素スムージーを楽天で買ってみました。美容成分以外に栄養たっぷりでびっくり。早速水で薄めて飲んでみた所薄かったので、今度は牛乳を混ぜてみるとトロトロしてすごく美味しかったです。現在は牛乳に混ぜて飲む事が多く、お腹が空きにくいので、置き換えダイエットとして頑張っています。

 

奇跡さん

お薦め度3
ドラッグストアーで売っていたので買ってみました。水で割って美味しくなかったので、今度は牛乳で割ってみましたが、甘すぎて飲めませんでした。なんていうか体に悪そうな感じ。リピはないです。

 

doriさん

お薦め度3
私は牛乳で割って飲んでいますが、マンゴー風味で飲みやすくて結構お腹がいっぱいになりますね。飲みだしてからお通じも良くなってよかったです。

 

目次へ戻る

ベジエ グリーン酵素スムージーのスペックをチェック

ベジエ グリーン酵素スムージー

 

ベジエ グリーン酵素スムージーの特徴

  • 180種類の野菜・果物・穀物・海藻の発酵エキスを配合。
  • 11種類のビタミン、7種類のミネラル類を別途に配合。
  • プラセンタとコラーゲンを配合。
  • 特殊パウダー製法で水に溶けやすいのでシェイカーは不要。

 

原材料面

ベジエ グリーン酵素スムージーの原料や成分

原材料名一覧

水溶性食物繊維、ブドウ糖、大麦若葉末、りんご果汁パウダー、バナナパウダー、ほうれん草末、野菜ミックスパウダー、抹茶、コラーゲンペプチド、グルコマンナン、豚プラセンタ抽出物、野草発酵エキス末、植物発酵物乾燥粉末、植物発酵エキス、パン酵母(亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン含有)、増粘多糖類、V.C、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、香料、V.E、ナイアシン、酸味料、パントテン酸Ca、V.B1、乳化剤、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12

 

原材料名一覧をチェックしてメタボーが仕分けしてみました。

有効成分

水溶性食物繊維、ブドウ糖、大麦若葉末、りんご果汁パウダー、バナナパウダー、ほうれん草末、野菜ミックスパウダー、抹茶、コラーゲンペプチド、グルコマンナン、豚プラセンタ抽出物、野草発酵エキス末、植物発酵物乾燥粉末、植物発酵エキス

 

ビタミン・ミネラル類

パン酵母(亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン含有)、V.C、V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12

 

添加物

増粘多糖類、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、香料、酸味料、乳化剤

 

栄養成分面

栄養成分表示(20gあたり)

エネルギー 57.4kcal、たんぱく質 0.74g、脂質 0.16g、糖質 8.48g、食物繊維 9.56g、ナトリウム 23.8mg、ビタミンA 540μg、ビタミンB1 1.1mg、ビタミンB2 1.1mg、ナイアシン 11mg、ビタミンB6 1.0mg、葉酸 220μg、ビタミンB12 2.4μg、パントテン酸 6.6mg、ビタミンC 88mg、ビタミンD 5μg、ビタミンE 8mg、プラセンタエキス末 40mg(プラセンタ 2000mg相当)

 

1杯分の量の目安(カロリー)

10g〜20g(28.7〜57.4kcal)

 

 

価格面

通常価格

1袋(200g/袋) 2,036円(送料 648円〜)

 

定期価格

3袋(200g/袋)+専用シェイカー付き 5,803円(送料無料)
※定期は初回のみの解約も可能。

 

1回分の単価(10〜20g)

約97〜193円(定期価格から算出)

 

 

危険性・副作用が出ない為に

原料の一部にゼラチン、豚、オレンジ、キウイフルーツ、ゴマ、カシューナッツ、大豆、やまいも、リンゴ、バナナを含んでいますので食物アレルギーが心配な方は控えてください。

 

その他、妊娠中・授乳中の方への使用、最新の情報については、ベジエの公式サイトにてご確認ください。

公式サイトへ

 

目次へ戻る

 

関連コンテンツ