スムージーと野菜ジュースの違いについて

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加  

ランキング

スムージーと野菜ジュースを色々な角度から検証

スムージー

葉物野菜や果物を使ったスムージーと野菜ジュースは、同じような原材料が入っていることから、いったい何が違うのか疑問に思われている方もいらっしゃると思います。

 

そこでスムージーと野菜ジュースの違いについて今回は書いていきたいと思います。

 

栄養面をチェック

スムージーの場合、生の状態で作って飲みますので、ビタミンCなどの栄養素はそれほど壊れることなく摂る事ができます。

 

それに比べて市販の野菜ジュースの場合、加工する際に加熱・殺菌処理を行っていることから、熱に弱いビタミンCなどの栄養素は壊れている可能性があります。

 

市販の野菜ジュースはあくまで栄養補助食品という位置づけなので、生野菜を使ったスムージーよりは栄養素は減っていると考えておいた方がよいと思います。

 

健康面をチェック

スムージーの場合、葉野菜と果物と水のみで作るので心配いりませんが、野菜ジュースの場合、保存料や着色料などの添加物が含まれている場合があります。

 

添加物が配合されていると、分解するのに消化酵素が必要になってきますので、もし野菜ジュースを飲みたいなら、食塩や砂糖、着色料、保存料などが含まれていない無添加の野菜ジュースを購入するようにしましょう。

 

食物繊維をチェック

スムージーの場合、ブレンダーで作りますので、食物繊維はしっかりと摂る事ができ、血糖値の上昇を緩やかにしたり、デトックス作用など期待できます。

 

それに比べて市販の野菜ジュースの場合は、食物繊維はほとんど含まれていません。

 

ただ体調が悪い時などは、食物繊維が多いと胃腸に負担がかかることから、食物繊維があまり含まれていない野菜ジュースを摂る方が良いケースもあります。

 

スムージーと野菜ジュース、どちらにもメリット、デメリットはありますが、健康面のことを考えると手間やコストはかかりますが、スムージーの方がおすすめですね。

 

Q&A一覧

人気コンテンツ