ローソン グリーンスムージーの体験レポート

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加  

ランキング

ローソンのグリーンスムージー飲んでみた感想

ローソンのグリーンスムージー

 

今回ご紹介するのは、2015年5月に発売された、ローソン限定のグリーンスムージーです。

 

コンビニで手軽にグリーンスムージーを買って飲むというのは、すごく魅力的な感じがしますが、ローソンのグリーンスムージーはどういった商品なのか、メタボーがレビューしていきたいと思います。

 

配合されている原料については、下記の通りです。

 

ローソンのグリーンスムージーのパッケージ

 

野菜汁(ケール、さつまいも、にんじん、小松菜、セロリ、パセリ、クレソン、キャベツ、ラディッシュ、ほうれん草、みつ葉)、果汁(キウイフルーツ、りんご、レモン)、ぶどう糖果糖液糖、クチナシ色素、香料、安定剤(増粘多糖類)、甘味料(アセスルファムカリウム・スクラロース)

 

原材料をチェックしてみると、人参やさつまいもといった根菜類を入れている時点で、本来のグリーンスムージーの考えとは違った商品になっていますが、その辺りのことはとりあえず置いといて、早速飲んでいきたいと思います。

 

ローソンのグリーンスムージーのレビュー

今回レビューをするにあたり、中見がどういった飲み物なのかがイメージしやすいように、蓋を開けてコップに注いでみることにしました。

 

ローソンのグリーンスムージーをコップに入れてみた。

 

コップに注いでいる時から、リンゴジュースのような匂いがふんわりとしてきますが、色は深い緑色をしていてすごく苦そうな…。

 

それでは飲んでみたいと思います。「ゴクリ。」

 

ローソンのグリーンスムージーを飲んでみた。

 

見た目の色からは予想のできないような、フルーツミックスジュースのような甘い味がして、グリーンスムージーという感じではありません。

 

またトロトロとした飲み心地で、リンゴやニンジンのような繊維類、キウイフルーツの種などを食感として楽しむことができます。

 

ローソンのグリーンスムージーに含まれている繊維類など。

 

グリーンスムージーという事で、葉物野菜の味はどうなのか気になるところですが、正直青臭さや苦みなどはまったく感じませんでした。

 

ぶとう糖果糖液糖や甘味料が含まれていますので、上手くと言っていいのかわかりませんが、甘くて美味しいグリーンスムージーに仕上げられているという感じです。

 

反対に自宅で作るようなグリーンスムージーのイメージで買ってしまうと、期待を裏切る結果になると思います。

 

とはいえ、ローソンのグリーンスムージー1本で、1食分の野菜(118g)が補え、しかも1本で80kcalという事であれば、野菜嫌いな方でも飲みやすいように仕上げられていますので、一度試してみる価値はあるのかなと思いました。

 

ただ1食分の野菜をコレ1本で補えるからといって、3食分の野菜をすべてローソンのグリーンスムージーに置き換えるというのは、甘味料としてアセスルファムカリウムも含まれていますので、メタボー的にはあまりおすすめはできませんし、値段が税込178円とちょっと高め点からも、ちょっと厳しいのかなといった印象です。

 

朝食を摂る時間がない時など、生活スタイルに合わせてうまく活用されてみてはいかがでしょうか。

 

関連コンテンツ