小倉優子(ゆうこりん)さん愛飲のスムージーレシピを作ってみた感想

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加  

ランキング

小倉優子(ゆうこりん)さんが作っているスムージーのレシピ

小倉優子さん紹介のスムージーレシピ

小倉優子(ゆうこりん)さんは、出産後にスムージーを取り入れる事で、11kg痩せられたと言った事で、産後ダイエットとしてママさんたちにも人気です。

 

小倉優子さんのブログを見ると、色々なスムージーレシピを紹介されていますので、どういったレシピなのかをピックアップしてご紹介しています。

 

メタボーは優香さんのレシピに続き、2回目のスムージー作りになります。体験レビューなども書いていますので、もしよかったら見ていってください。

 

バナナ・イチゴ・キウイ・小松菜のスムージー(1000cc)

材料

カロリー

コスト

バナナ

1本

77kcal

20円

イチゴ

1パック

85kcal

350円

キウイ

2個

92kcal

138円

小松菜

1束

36kcal

100円

200cc

0kcal

-

合計

-

290kcal

608円


※コストについては、メタボーがスーパーに買いに行った時の価格にて算出しています。(1円以下四捨五入)

 

それではファイバーミキサー MX-X109を使って、バナナ・イチゴ・キウイ・小松菜のスムージーを作ってみたいと思います。

 

材料はバナナ、イチゴ、キウイ、小松菜です。

 

バナナ・イチゴ・キウイ・小松菜のスムージーの材料

 

まず最初に柔らかい材料としてキウイ、次にバナナを入れます。

 

キウイとバナナを入れる

 

次にイチゴ。

 

イチゴ

 

1パックって結構量が多いですね。1パック350円もしますので、これを全部スムージーにするのは貧乏症なので、すごくもったいない感じがします。たぶんゆうこりんはもっと大きくて高いイチゴ使っているんでしょうけど。

 

イチゴを入れる

 

ちょっと話が逸れましたが、イチゴはヘタはどうするのか迷ったので調べてみると、ヘタごと半分に切って入れている方が多かったので、ヘタごと半分に切って入れる事にしました。

 

ちなみにヘタを取って入れる場合は、ヘタを取ってから水洗いするとビタミン類が流れてしまいますので、ヘタが付いている状態で洗ってからヘタを取るようにしましょう。

 

材料入れ終了。

 

最後に小松菜をざく切りにして入れますが、1度に1束分は入らなかったので、一度回してみてかさが少なくなってから再度入れることにしました。

 

小松菜を再度入れる

 

バナナ・イチゴ・キウイ・小松菜のスムージーの完成

 

スムージーは1000cc完成しましたが、小松菜は2株ほど余りましたので、結局約3株使った事になります。

 

レシピに書かれている1束や1パックってすごく曖昧な数字ですよね。小松菜でもスーパーによって1束に3株入りや5株入りの場合もありますので。ちょっと戸惑いますね。ただ作っていく内に慣れてくるとは思いますが。

 

それではコップに入れて、イザ試飲!

 

コップに入れたバナナ・イチゴ・キウイ・小松菜のスムージー

 

ゴクリ。。

 

ん?なんかワサビのようなツンとした辛味のような味と少し苦味も。

 

これはアブラナ科に含まれる「アリルイソチオシアネート」という成分が、擦ったりすると生成されて、それが辛味の素となっているそうです。

 

ちなみに「アリルイソチオシアネート」は揮発性の成分なので時間が経つと徐々に辛味が消えていきますので、もし辛味が気になるなら、30分ほど置いてから飲めばかなりマシになっていると思いますよ。

 

メタボーも30〜40分してから再度飲んでみましたが、辛味がマシになって飲みやすくなっていました。

 

あと小松菜の辛味対策として、凍った果物を1種類入れておくと解消されるようです。特に凍ったバナナがおすすめらしいですが、どうなんでしょうかね。

 

本当なのか気になりますので、今度試してみたいと思います。

 

それと残念なお知らせが…。

 

イチゴを1パックも入れたのに、味に痕跡がない。。

 

これはかなりショック!

 

唯一イチゴを確認できたのは、噛んだ際にプチプチとした食感の種だけでした。。

 

今回のスムージーの材料比率は、グリーン(5):フルーツ(5)くらいで、酸味の強い果物が多かったことから、美味しいスムージーとは正直言えません。なので甘めのスムージーが好きな方にはおすすめできません。

 

甘味よりもキウイやイチゴの影響で酸味が強く、小松菜の苦味も少しありますが、サッパリとした飲み心地なので、中上級者向けのちょっと大人のスムージーと言った感じでしょうかね。

 

バナナ・りんご・イチゴ・ほうれん草のスムージー(600cc)

材料

カロリー

コスト

バナナ

1本

77kcal

20円

イチゴ

8個(約90g)

31kcal

66円

リンゴ

1/2個(中)

69kcal

42円

サラダ用ほうれん草

1束(約60g)

12kcal

128円

200cc

0kcal

-

合計

-

189kcal

256円


※コストについては、メタボーがスーパーに買いに行った時の価格にて算出しています。(1円以下四捨五入)

 

それではファイバーミキサー MX-X109を使って、バナナ・りんご・イチゴ・ほうれん草のスムージーを作ってみたいと思います。

 

バナナ・りんご・イチゴ・ほうれん草のスムージーの材料

 

材料はバナナ、イチゴ、りんご、サラダ用ほうれん草です。

 

バナナとイチゴを容器に入れる

 

まず最初に柔らかい材料であるバナナ、そして2等分したヘタ付きのイチゴを入れます。

 

リンゴ

 

次に硬い材料のリンゴですが、シンと種を入れても問題ありませんが、あまりパワーのないようなミキサーの場合は、攪拌してもシンや種の残骸が残る可能性がありますので、飲んだ時に喉越しが良くないかもしれません。

 

あとリンゴの種には、微量ではありますがシアン化合物という毒性の物質が含まれているようなので、大量摂取しない限りは問題ないと言われていますが、一応メタボーはシンと種は取り除き、硬めの材料なので2〜3cm角くらいに切って入れました。

 

サラダ用ほうれん草

 

最後にぶつ切りにしたサラダ用ほうれん草、水200ccを加えて、材料入れは完了です。

 

材料入れ完成。

 

早速ミキサーのダイヤルを【高速】にセット!

 

ミキサーを動かす

 

ゴォゴォゴォーと回り出しましたが、上の方に少しサラダ用ほうれん草がくっついて攪拌されなかったので、スムージーバーを使って下に移動させてやりました。

 

スムージーバーを使っている様子

 

ただ容器の上の方にへばりついたサラダ用ほうれん草が1枚あり、死角となる場所のようなので、何度かスムージーバーでツンツンやってみましたが断念。

 

一度止めて上ブタを空け、スムージーバーでサラダ用ほうれ草を下に移動させて再度作動。トータル2分30秒回して完成です。

 

バナナ・りんご・イチゴ・ほうれん草のスムージーの完成

 

やはり材料を入れる際には、葉野菜がスムージーバーの死角となるような場所にくっつかない為にも、一番上に置かず、硬い材料で挟み込む方がいいのかなと思いました。

 

次回は葉野菜を挟む込むように入れてみようと思います。

 

それではコップに入れてイザ試飲!

 

コップに入ったバナナ・りんご・イチゴ・ほうれん草のスムージー

 

ゴクリ。。

 

おぉぉぉーこれはすごくサッパリとして飲みやすい。

 

グリーンの青臭さやクセなどはまったく感じられず、リンゴとバナナのほのかな甘味が口の中にふんわりと優しく広がっていくような感じです。

 

イチゴも入っていますが、言われてみれば、わかるような?くらいの隠し味的な感じではありますが、うまくグリーンとフルーツのバランスが取れているように感じました。

 

今回2分30分ほど攪拌しましたが、若干ではありますが噛んだときにリンゴの皮らしきものを感じました。ただ気になるようなレベルではなく、今回もファイバーミキサー MX-X109で問題なく、ふんわり美味しいスムージーを作る事ができました。

 

スムージーの材料比率に関しては、グリーン(5):フルーツ(5)くらいではありましたが、ミックスジュースに近い味なので、スムージー初心者や、苦いのが苦手な方でも飲みやすいと思います。

 

バナナ・キウイ・イチゴ・ほうれん草のスムージー(1200cc)

材料

カロリー

コスト

バナナ

2本

154kcal

40円

キウイ

2個

92kcal

196円

イチゴ

15個(約160g)

55kcal

218円

サラダ用ほうれん草

1束(約60g)

12kcal

128円

450cc

0kcal

-

合計

-

313kcal

582円


※コストについては、メタボーがスーパーに買いに行った時の価格にて算出しています。(1円以下四捨五入)

 

それではファイバーミキサー MX-X109を使って、バナナ・キウイ・イチゴ・ほうれん草のスムージーを作ってみたいと思います。

 

バナナ・キウイ・イチゴ・ほうれん草のスムージーの材料

 

材料はバナナ、キウイ、イチゴ、サラダ用ほうれん草です。

 

容器にキウイとバナナを入れる

 

まず最初に柔らかい材料であるキウイ、バナナと順番に入れます。

 

次に前回ミキサーを起動した際に、葉野菜が上の方で攪拌されずに浮いたままだったので、今回は先にサラダ用ほうれん草を入れて、最後にイチゴでサンドすることにしました。

 

材料入れ完了

 

先にサラダ用ほうれん草を入れた時点で容器はいっぱいになりましたが、イチゴをその上にギュギュっと詰め込むように入れていき、最後に水450ccを加えて、材料入れは完了です。

 

早速ミキサーのダイヤルを【高速】にセット!

 

ミキサーが途中で止まってしまいました

 

ゴォゴォゴォーと回り出しましたが、10秒ほどで止まってしまいました…。

 

今回硬い材料は入っていませんでしたが、かなり詰め込み過ぎたのでその影響で負荷が掛かったのかもしれません。

 

気を取り直して再度ダイヤルを【高速】にセット!

 

ゴォゴォゴォーと回り出しましたが、今度は30秒ほど経過してもいくつかのイチゴとサラダ用ほうれん草が攪拌されずに上の方にプカプカ浮いたまま。

 

今度はイチゴなどが攪拌されず浮いたまま

 

秘密兵器のスムージーバーを使おかと思いましたが、再度止めてもう一度ダイヤルを【高速】にセットすると、今度はしっかりと材料が攪拌され、そのまま1分30秒動かして完成です。

 

バナナ・キウイ・イチゴ・ほうれん草のスムージーの完成

 

今回は結構量が入っていて、1200mlほど出来上がりました。水は450ccじゃなくて250ccくらいにするとだいたい1000ccになるかなと思います。

 

うちは家族全員スムージー好きなのでまったく問題ありませんが。

 

それではコップに入れてイザ試飲!

 

コップに入ったバナナ・キウイ・イチゴ・ほうれん草のスムージー

 

ゴクリ。。

 

今回はイチゴとキウイの酸味が少し前面に出ていますが、バナナの甘味が加わる事で、甘酸っぱくてサッパリとした味に仕上がっています。またサラダ用ほうれん草の青臭さや苦味などもほとんど感じられませんでした。

 

また水を450cc入れていますので、喉から胃へスムーズに流れていくような感じです。

 

あとイチゴやキウイの種が残っていますが、むしろこのプチプチ感が食感として楽しめるので、メタボー的にはまったく問題ありませんでした。

 

スムージーの材料比率に関しては、グリーン(4):フルーツ(6)、酸味のある果物が多かったのですが、ほどよい甘酸っぱさとサラサラとした飲み心地で飲みやすかったので、スムージー初心者や、苦いのが苦手な方でも大丈夫かなと思います。

 

芸能人も実践のおすすめレシピ一覧

人気コンテンツ