1. TOP
  2. チアシードに期待できるダイエット効果&副作用は?食べ方も紹介

チアシードに期待できるダイエット効果&副作用は?食べ方も紹介

 2015/09/25 食べ物 この記事は約 6 分で読めます。

ダイエットに良いと聞くチアシード。国内のモデルや芸能人に限らず、海外のハリウッド女優もチアシードを取り入れて、ダイエットや美容に効果的と注目度も高くなっています。

日本ではなかなか口にする機会も少ないので、どんな食べ物なのか、どうやって食べればいいのか分からないことも多いですよね。そこでここでは、チアシードのダイエット効果や注意すること、おすすめの食べ方などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

チアシードにダイエット効果ってあるの?

水で戻したチアシード

チアシードはシソ科のチアという植物の種子。ゴマの様に小さい種子ですが、水分を含むと15倍近くにも膨張します。

この膨張する特性を活かせば、少しの量で、満腹感を得ることができるので、食事量が減り、結果的にダイエットに繋がるという仕組みなんです。

さらにダイエットでよく注目されるのが便通。チアシードには食物繊維がたっぷり含まれているので頑固な便秘にも効果的です。

チアシード大さじ1杯に含まれる食物繊維はおよそ12グラム。これは食物繊維が多いことで知られているごぼうと同じくらいの量です。便秘対策にチアシードを取り入れることで、お腹周りのサイズダウンが見込めます。

チアシードの栄養素について

食事量が減った時の気になる栄養摂取量ですが、チアシードには驚くほど多くの栄養素が含まれています。

必須脂肪酸

体の中で生成されない必須脂肪酸。必須脂肪酸は脳や神経の働きには欠かせないもので、その他にも免疫機能を高めたり、体全体に必要とされています。

必須脂肪酸の中でも、女性に注目なのがαリノレン酸。αリノレン酸はアレルギーを抑制したり、アンチエイジングの効果があります。さらに血流改善し、女性に多い冷え性対策にも役立ちます。

心への作用もあり、うつ症状の軽減などの落ち込んだ気持ちへのサポート役にもなってくれます。食事で取り入れることが重要なこの必須脂肪酸が、チアシードには豊富に含まれています。

鉄分

女性に不足しがちな鉄分。チアシードに含まれる鉄分はほうれん草のおよそ3倍もの量です。1日に必要な摂取量を料理を通して摂るにはかなり大変ですが、チアシードなら大さじ1杯程度で十分な鉄分を摂ることができるので嬉しいですね。

このようにチアシードは少量で多くの栄養素が含まれています。ダイエットをする場合、多くは食事制限をしてしまいがちですが、チアシードの膨張する特性を利用すれば食欲を抑えることができ、その分、食事量が減っても栄養はしっかり摂れるので安心です。

チアシードを食べることで何か副作用ってあるの?

チアシード

まずはどの食品でもアレルギーの可能性が全くないとは言えません。初めて口にする場合は、ほんの少しの量で試してみましょう。

その他に心配されることとしては、食欲が抑えられることと食物繊維が豊富な点から、便通が良くなりすぎて、下痢症状が出る場合があります。この場合は、チアシードの摂取量を調整することで改善できます。

まずは、1日大さじ1杯の摂取量を守ること。それでも下痢症状が出る場合は、摂取量を調整して自分の体に合った量がどれくらいなのかを知ってチアシードを上手に取り入れましょう。

チアシードのダイエット目的でのおすすめの食べ方は?

ダイエットとして1番注目なのは、水に浸すと15倍近く増えるというチアシードの性質です。食欲を抑えると同時に、栄養も豊富なので、食事摂取量を減らしても、栄養不足にはなりにくい、まさに一石二鳥なチアシード。

ヨーグルトにかけたり、ドリンクに混ぜてゼリー状にして食べたりと簡単に取り入れることができますが、ここでは少し手を加えたレシピをご紹介します。

チアシードのジュレ風ドレッシング

チアシードのジュレ風ドレッシング
出典:cookpad.com

チアシードを使えば、水分さえあればジュレになります。材料を混ぜるだけでジュレ風のドレッシングになり、野菜と一緒に食べるのでヘルシーです。

チアシードの醤油漬け

チアシードの醤油漬け
出典:cookpad.com

ごはんと一緒に食べられる発想はなかなかないですが、醤油漬けにすることで納得。作り置きすれば手軽に食べることができます。

チアシードの豆乳カフェゼリー

チアシードの豆乳カフェゼリー
出典:cookpad.com

チアシードと、ダイエットにも美容にもよい豆乳の組み合わせ、そしてダイエット中に我慢しがちなスイーツ、女性にとっては嬉しい1品です。

チアシードの食パン

チアシードの食パン
出典:cookpad.com

チアシードも他の穀物と同じ様にパン生地の中に入れることができます。ただし、食べた後に、体の中で水分を含んで膨らむので食べ過ぎには注意しましょう。

チアシードは、トッピングしたり混ぜるだけでも食べられる手頃なダイエットフードです。飽きがこないように、色々なアレンジを楽しみましょう。使うのに慣れたら、チアシードの特性を活かしたレシピを自分でも思いつきそうですね。

まとめ

チアシードは1日の摂取量も少なく、栄養も豊富でダイエットにはぴったりです。最近では、購入できる場も増えているので日常生活にも取り入れやすくなっています。

ダイエット中は、つい体重を落とすことだけに目が向いてしまいますが、自分の体の声にも耳を傾け、健康的なダイエットを目指しましょう。

チアシードであれば、様々なアレンジが可能なのでまずは楽しんでみてください。無理なく、楽しめることでダイエットもより効果的なものになります。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットDCの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットDCの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 塩レモンの効果がスゴイ!作り方&人気レシピを作った感想まとめ

  • ひよこ豆の戻し方&フムスなどのおすすめレシピを紹介

  • 生姜とダイエットの関係とは?脂肪分解をサポート!

  • もち麦とは?期待できる効果は?ダイエットのやり方&失敗する理由

  • ダイエット中のラーメンは大敵?食べたい願望を叶える為の4ヶ条

  • タイガーナッツとは?どのような栄養があるの?味や食べ方は?