トランス脂肪酸に関するお役立ち情報まとめ

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加  

トランス脂肪酸って何?含まれる食品や健康への影響について

あまり聞き慣れないトランス脂肪酸は簡単に言うと、不飽和脂肪酸が枝分かれしたものです。この枝分かれは不飽和脂肪酸の構造の違いによって、シス型とトランス型に分類されています。

 

通常多くの不飽和脂肪酸が炭素の二重結合が並行構造であるシス型をしています。対して、トランス型は斜め構造になっているのです。

 

トランス脂肪酸の構造

 

天然の植物油にはトランス脂肪酸はほとんど含まれておらず、大半は硬化油を製造する際に水素を添加することによりトランス脂肪酸に変化している背景があります。

 

トランス脂肪酸は生活習慣病などの疾病罹患リスクが大きく、コレステロール値を大幅に高めることから血液の流動性を低下させるので危険度が高く、極力摂取を控える努力が必要です。

 

このことからも先進国の多くがトランス脂肪酸の摂取を控えるように勧告しているだけでなく、WHOなどではトランス脂肪酸の摂取量を総エネルギー量の1%にするべきだと注意喚起を促しています。

 

フライドポテト

 

農林水産省の調べによると、日本人の総エネルギー量で換算すると、トランス脂肪酸は一人一日当たり約2g未満にとどめる数値を出しています。

 

手軽につまめる食品に多く含まれるだけに、率先して摂取を避けていきたいものです。

 

トランス脂肪酸を含む食品

マーガリン、ファットスプレッド、ラード、ショートニング、牛脂、ビスケット、スナック菓子、チョコレート、ケーキ、マヨネーズ、菓子パン、食パン、即席中華めん、牛肉、油あげ、がんもどき、牛乳、バター、プレーンヨーグルト、チーズ、アイスクリーム、練乳、脱脂粉乳、牛の内臓、食用油、カレールー、ドーナツなど。

 

過剰摂取による健康への影響

まだ研究段階ですが国際的な視野や研究報告により、トランス酸の過剰摂取によって懸念される様々な健康への影響が具体的な発症症状名であがっています。

 

冠動脈疾患

虚血性心疾患

肥満

糖尿病

アレルギー性疾患

脳卒中

胆石

加齢黄斑変性症

認知症

胎児の体重減少

胎児の死産・流産リスクの増加

母乳を介してのトランス酸の赤ちゃんへの移行

 

風味がアップするバターは、美味しさから思わず手が出てしまいそうになりますが、最近ではバターなどのトランス脂肪酸系の脂質を意識してドーナツやケーキなどを摂取しない方が増えています。

 

少し素朴な味わいになりますが、バターの代替えにオリーブ油をフル活用する食べ方もお勧めです。きな粉やココアを混ぜれば、小麦粉系のスィーツもセンスよく美味しく仕上げることができます。

トランス脂肪酸の含有量が少ないマーガリンランキング

トランス脂肪酸の含有量が少ないマーガリンをランキング形式にしてご紹介しておきます。

 

他にもトランス脂肪酸量が少ないマーガリンがあるかもしれませんが、もし知っていれば教えてください!試してみたいと思います!

 

食パン1枚に塗る量は約8〜10gと推定されていることから、10gのトランス脂肪酸として表示しています。

 

平成26年9月現在調べた内容です。

 

小岩井マーガリン ヘルシータイプ 180g

トランス脂肪酸 0.03g 286円(トキネット)

 

小岩井マーガリン ヘルシータイプ

 

創健社 発酵豆乳入りマーガリン 160g

トランス脂肪酸 約0.04g 340円(amazon)

 

創健社 発酵豆乳入りマーガリン

 

創健社 べに花ハイプラス マーガリン 180g

トランス脂肪酸 約0.05g 307円(amazon)

 

創健社 べに花ハイプラス マーガリン

 

帝国ホテル ホテルマーガリン 200g

トランス脂肪酸 0.05g 367円(楽天市場内)

 

帝国ホテル ホテルマーガリン

 

雪印ネオソフト 160g

トランス脂肪酸 0.08g 189円(amazon)

 

雪印ネオソフト

 

トランス脂肪酸の含有量がもっとも少ないマーガリンは、小岩井マーガリン ヘルシータイプということになりました。

 

その他にもトランス脂肪酸の含有量が少ないおすすめのマーガリンをご存じの方がいましたら教えて頂けると嬉しいです!

 

関連ページ