亜麻仁油によって期待される効果まとめ

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加  

期待される効果とそのメカニズムについて

元気いっぱいの女性

亜麻の種子を抽出して作られた亜麻仁油はフラックスシードオイルの類で、沢山の健康効果を期待できる優れものです。その秘密は脂肪でありながら体に有用な必須脂肪酸=オメガ3の成分を含んでいるからです。

 

一般に油は好印象を持たれないものですが、体内細胞を正常に機能させる働きを持つ必須脂肪酸は体内で産生できないので、摂取することによって身体機能を確実に元気にしていく作用に長けています。

 

亜麻仁油にはこの必須脂肪酸に分類される成分のうち、ドコサヘキサ酸と呼ばれるDHAとα−リノレン酸、エイコサペンタエン酸のEPAを含んでいて、様々な効果がわかっています。

 

亜麻仁油によって期待される効果

アトピー性皮膚炎、花粉症の緩和。

乳がん、前立腺がん、肺がんなどの癌細胞の抑制。

炎症性皮膚炎や日焼けによる火照りの軽減。

皮脂コントロールによる美肌作用。

ストレスやうつの軽減。

皮膚や粘膜の増強作用。

コレステロール抑制作用による生活習慣病の予防。

老化防止。

記憶力、学習能力の向上。

認知症の予防と緩和。

脂肪蓄積の抑制。

エネルギー燃焼アップに伴うダイエット効果。

高血圧や高血糖の抑制。

動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病の予防と改善。

血行促進と血流改善作用。

 

亜麻仁油に効果が期待できる理由

亜麻仁油には厳密にいうと変換作用を持つ必須脂肪酸を持つことから、エネルギーそのものを燃焼する働きがわかっています。α−リノレン酸がEPA(エイコサペンタエン酸)になり、EPAが更にDHA(ドコサヘキサエン酸)へと体内変換するのです。

 

そして、この変換されたEPAとDHAが生理活性物質となって体に有用に働くようになります。

 

生理活性物質とはプロスタグラジン、ロイコトリエン、トロンボキサンといわれる生命維持に重要な物質の総称で、私達人間を含む動物はこの生理活性物質の元であるα−リノレン酸を摂取しないと生命活動を維持できないといわれています。

 

摂取した食べ物を分解して合成し、スムーズにエネルギーへと活用するのも生理活性物質のおかげで、生きていくうえで大切な身体機能の調整を行うことからメリットと呼ばれる効果が実感できるのです。

 

生理活性物質の体への働き

亜麻仁油に含まれる必須脂肪酸=α−リノレン酸が生理活性物質になり、体内にどのようにして働くのでしょう?

 

体を調節したり構成する成分として、以下のような縁の下の力持ち的な役割を担っていることが確認されています。

 

消化酵素やホルモン分泌が正常に働くうようにサポートする。

優れた抗酸化作用によって、加齢に伴う身体機能の低下を抑制する。

体を機能させるためのエネルギーを産生する。

細胞を活性化させて、新しい細胞を産生する。

体内のすべての器官の機能が正しく働くように調整する。

 

脂肪には体に害を及ぼすものも多くあります。しかし、一方で血液やホルモン、細胞組織を作るもととなる重要な役割を持つ脂肪も存在します。

 

普段から意識的に好影響を与える脂肪を摂取するようにして、やみくもにダイエットのために脂肪を遠ざけることは避けておきましょう。

 

亜麻仁油と同じ成分を持つものに、えごま油や青魚、胡桃、しそ油、緑黄色野菜、豆類などがありますので丈夫な体を作るためにも積極的に摂取しましょう。

 

亜麻仁油ベスト3

 

関連コンテンツ