ココナッツオイルを使った色々なお菓子&スイーツレシピ情報

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加  

ココナッツオイルを使ったレシピ一覧

ココナッツオイルは、色々な料理やお菓子に混ぜたりして使うことができます。

 

ただお料理によっては合う、合わないということもあるようなので、実際にメタボーが色々な料理、お菓子、スイーツなどに使ってみて、感想を公開しています。

 

ココナッツオイルの使い方がよくわからない、どういった料理に合わせればいいのかわからないという方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

 

ココナッツオイルのトーストのせ

ココナッツオイルのトーストのせ

材料

 食パン1枚

 ココナッツオイル スプーン1杯ほど

 

作り方

説明することは特にないですね。ただ焼いた食パンにココナッツオイルを塗るだけ!

 

ココナッツオイルのトーストのせの手順

 

あえてポイントを言うなら、焼いてからすぐにココナッツオイルを塗れば、すぐに溶けるので塗りやすく、パンの中に染み込みやすいです。バナーと同じ感覚ですね。

 

バターと同様に、パンとオイルの相性が良いです。ほんのりココナッツオイルの甘みと、オイルのコッテリ感が味わえ、何度も言いますが、バナー感覚で食べられます。

 

ちなみにココナッツオイルのレシピを見ていると、さらにハチミツなどを塗ると美味しいようです。ただメタボー的には、ココナッツオイルのみでも十分満足です。

 

とても簡単、しかも手間も掛からずに、ココナッツオイルが摂れるので、メタボー的にはかなりおすすめの摂り方かなと思います。

 

ココナッツオイル入り小麦パン

ココナッツオイルのシリアルバー

材料

 強力粉 250g

 砂糖 大さじ2

 スキムミルク 大さじ1

 塩 小さじ1

 ココナッツオイル 大さじ2

 水 180cc

 ドライイースト 小さじ1

 

作り方

1 容器に強力粉、砂糖、スキムミルク、塩、その後に水を180cc入れてから、バナーの代わりにココナッツオイルを入れます。

 

ゴパンの容器に材料を入れている様子

 

2 あとはゴパンにセットして、スタートボタンを押すだけです。

 

ゴパンのスイッチを押している様子

 

3 完成しました。ふっくらと出来上がっています。

 

ココナッツオイル入り小麦パンの完成

 

見た目、質感などは、バナーを入れた時とほとんど同じです。

 

そのまま食べてみると、ほんのりですが、パンにココナッツオイルの風味がしますが、ほとんど変わりませんね。

 

バナー使うなら、せっかくなので、ココナッツオイル使うほうが体にもいいので、これからも使っていこうかなと思いました。

 

ちなみに出来上がったパンにさらに、上にココナッツオイルをのせて食べましたが、やっぱりパンとの相性は抜群ですww

 

さつまいものココナッツオイル焼き

さつまいものココナッツオイル焼き

材料

 さつまいも 2本

 ココナッツオイル 大さじ2

 

作り方

1 さつまいもを1cm角くらいの切ります。

 

切ったさつまいも

 

2 フライパンを中火で熱してにココナッツオイルを入れて、そこにさつまいもを入れて蓋をします。

 

フライパンにココナッツオイルを入れて焼いているさつまいも

 

3 何度かさつまいもを裏返したりして、きつね色になったら完成です。

 

さつまいものココナッツオイル焼きの完成

 

最初はちみつなどで味付けをするつもりでしたが、味見をしたときに、ココナッツオイルがさつまいもに染み込んでいて、甘みがすごく出ていたので、味付けなしにしました。

 

さつまいもとココナッツオイル、相性はいいと思っていましたが、予想通りの結果となりました。

 

余計なものを入れなくても、これだけ甘みが出ていて、子供たちも美味しく食べていたので、おやつにもピッタリですね。

 

ココナッツオイルのシリアルバー

ココナッツオイルのシリアルバー

材料

 フルーツグラノーラ 100g

 ココナッツオイル スプーン3杯ほど

 

作り方

1 鍋にお水を入れて沸騰させ、ココナッツオイルをスプーン3杯ほど入れたボールを、鍋の上にのせて湯銭します。

 

ココナッツオイルを湯銭している様子

 

2 1の合間に、100均などで販売している製氷器の中に、手でほぐしておいたフルーツグラノーラを製氷器の高さの半分くらいまで入れておきます。

 

3 湯銭したココナッツオイルを、2にまんべんなく振りかけて、フルーツグラノーラの半分くらいの高さまで入れます。

 

ココナッツオイルをフルーツグラノーラが入った製氷器に入れている様子

 

4 あとは冷凍庫に30分ほど入れて置けば完成です。

 

ココナッツオイルのシリアルバーの完成

 

フルーツグラノーラにココナッツオイルを加えることで、甘みがアップして、さらに凍らせているのでカリカリとした触感も美味しさをアップさせています。

 

例えて言うなら、味はシリアル入りのホワイトチョコを食べているような感じでしょうか。

 

子供たちも「美味しい!」と言って食べていましたよ。

 

ただ2個以上食べると、胸焼けしそうな気がしますので、3時のおやつに1〜2個みたいな食べ方がいいんじゃないかなと思いました。

 

ローラ式リンゴのココナッツオイル焼き

ローラ式リンゴのココナッツオイル焼き

材料

 リンゴ 1個

 シナモン 適量

 ココナッツオイル スプーン1杯ほど

 

作り方

1 リンゴを薄切りにします。

 

リンゴを切った様子

 

2 フライパンにココナッツオイルを入れて中火で熱して溶けたら、リンゴを並べます。

 

フライパンにリンゴをのせている様子

 

3 リンゴがきつね色になったらお皿にとりだします。最後にシナモンを振り掛ければ完成です。

 

ローラ式リンゴのココナッツオイル焼きの完成

 

ローラさんがTV番組で紹介されたレシピらしいです。リンゴにほんのりココナッツの風味がプラスされ、触感も柔らかくておいしかったです。

 

またシナモンとの相性も抜群なので、デザートにピッタリですね。

 

バナナのココナッツオイル焼き

バナナのココナッツオイル焼き

材料

 バナナ 2個

 シナモン 適量

 ココナッツオイル スプーン1杯ほど

 

作り方

1 バナナを輪切りにします。

 

リンゴを切った様子

 

2 フライパンにココナッツオイルを入れて中火で熱して溶けたら、バナナを並べます。

 

フライパンにリンゴをのせている様子

 

3 バナナを5分ほど焼いたら、裏面を焼き、ちょっと焦げ目ができたらお皿に取り出します。最後にシナモンを振り掛ければ完成です。

 

ローラ式リンゴのココナッツオイル焼きの完成

 

ローラ式リンゴのココナッツオイル焼きの応用ですね。リンゴよりもバナナの方が甘みが増して、美味しかったです。

 

ほんのりココナッツ風味で、さらに焦げ目をつけることで、香ばしさがプラスされて、これがなかなか、止まりません!

 

 

関連コンテンツ