大根ダイエットによる効果まとめ

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加  

大根ダイエットがもたらすありがたい効果とは?

大根ダイエットの効果はイソチオシアネートと呼ばれる辛味成分による働きによって代謝が高まり、脂肪が燃焼されるというものですが、生の状態で頂かないと効果が見出されないのが大きな特徴です。

辛味成分 イソチオシアネートの発生のメカニズムとその効果について

大根

大根ダイエットは生で頂くことが前提ですが、生といっても定義が少々異なります。なぜなら大根にそのまま噛りついてもイソチオシアネートの効果は少ないからです。

 

実はイソチオシアネートの発生メカニズムに秘密があり、大根は不思議な防御能力を持っていて、動物に食べられない為にかじられると辛味を放つのです。

 

特に生きていく上で大切な根の先端部分にこのメカニズムが濃く反映していますが、これは子孫を繁栄させるべく大根が身に着けた知恵ともいわれます。この防衛能力が放つ辛味成分こそが、大根ダイエットに有効な働きをするイソチオシアネートなのです。

 

お気づきの方もいると思いますが、大根はおろしたときが一番辛味を強く感じませんか?これは先に触れた防御能力に通じるもので、ダメージが強いほど辛味を増す性質にあるからです。

 

専門的に言うならば、大根の成分に含まれるシングリンがダメージを追うことで細胞が破壊され、更に大根の持つシロナーゼという酵素に反応して分解作用を起こすことが辛味生成の元になっているのです。

 

分解され生成された辛味成分は一般にイソチオシアネートと呼ばれていますが、これは属名で正式名はイソチオシアネート類の「アリルイソチオシアネート」と言います。

 

辛味成分イソチオシアネート

抗酸化作用により活性酸素を除去する

代謝を高めて脂肪をつきにくくする

がん、生活習慣病、老化の予防

血液をサラサラにし、血栓などの血行障害を防ぐ

白血球を活性化して殺菌作用を促す

消炎鎮痛作用があり症状緩和に期待が持てる

 

生大根がもたらす効果について

生大根のダイエット効果は辛味成分によるパワーだけではありません。成分別に効果例をあげてみます。

 

消化酵素

大根は古くから大根役者に代用されるほど、あたりのない胃腸に優しい食べ物として知られています。

 

消化酵素の塊ともいわれ、デンプン分解酵素・アミラーゼ、脂肪分解酵素・リパーゼ、タンパク質分解酵素・プロテアーゼの他、ジアスターゼ、シロナーゼなども含有します。酵素は生命維持に欠かせない成分であり、身体機能を正常にするために病気知らずの体へと導きます。

 

ビタミンC、ビタミンA

美肌効果に貢献するビタミンです。大根ダイエットがお肌のコンディションまでサポートする秘密の有効成分といえます。

 

ビタミンP

第7の栄養素として最近注目を浴びている栄養素ではない植物の機能性成分で、大根の皮の部分に含まれているポリフェノールに一種です。末梢血管の血流を促進する作用がある為に、手足の冷えなどの改善が期待できます。

 

食物繊維

排泄促進、老廃物の排出など便秘改善への働きがあることで知られていますが、それ以外にも血中のコレステロールを減らしてくれたり、浮腫みを緩和する作用などがあります。

たんぽぽの白鳥久美子さんが実践しダイエットに成功!

白鳥久美子

以前「ビューティーコロシアム特別版」というテレビの企画で、たんぽぽの白鳥久美子さんが、大根ダイエットに挑戦されていました。

 

大根ダイエット以外に運動も行っており、開始から20日目で、少女時代の美脚トレーナーによる美脚エクササイズを取り入れています。太腿四頭筋を強化する作用を並行させるのはダイエットには不可欠といえます。

 

この他にもウオーキング、エステでのマッサージ施術を受ける映像が停滞期克服術として見受けられました。

 

結果は、大根根ダイエット開始から70日を迎えた測定日でみせた白鳥さんは見るからに別人でした。それもそのはず、体脂肪率が37.0%から29.0%にダウン!気になる体重は72kgからマイナス11.6g減の60.4kgに。

 

そして、目立っていたウエスト周りはマイナス24p減。気にされていたおみ足もすっきりとして、太腿周りはマイナス7.2p減という変身ぶりを遂げています。

 

そして何よりも注目したいのが、お肌のコンディションも良く健康的に痩せている点です。大根ダイエットが様々な病巣の原因ともいわれる活性酵素を取り払う抗酸化作用に長けているメリットが、画面を通しても実感できるものでした。

 

関連コンテンツ


スポンサードリンク