大根ダイエットを行う際の注意点

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加  

成功する為に知っておきたい3つの注意点について

大根ダイエットを成功させる為には注意点を守ることこそが成功への近道です。大根ダイエットをより安全で確かなものに導くために、以下の注意点を熟知してダイエットにチャレンジしましょう。

 

注意点1.低カロリーの罠にかからない

大根の和え物

大根は低カロリーな食品であるという認識から、食事内容を生大根主体に切り替える方もみえます。低カロリーだから、大丈夫!と過信して、偏った生大根オンリーの食事を続けていると危険です。

 

そもそも、大根ダイエットは食事においてはバランスよくしっかりと栄養を摂ることをコンセプトにしているものです。低カロリーに傾倒しすぎると、十分に燃焼できるエネルギーが不足して身体機能が維持できない状態に進んでいきます。

 

脂肪がエネルギーに変換されて痩せる作用はあるかもしれませんが、結果的にリバウンドしやすい不安定で不健康な痩せ方を遂げてしまいます。これこそが低カロリー食品の罠であり、過信に繋がる原因なのです。

 

炭水化物や脂質、甘いものは控えながらバランスの摂れた食事内容になるように気を配りましょう

 

注意点2.食べるタイミングを見計らう

切った大根

生の大根を頂くうえで一番重要なのは鮮度です。

 

代謝を高める辛味成分イソチオシアネートは大根を切ったり、すりおろす瞬間から有効成分を生成し発散します。また、含有成分のポリフェノールは切ったり、すりおろしたりする瞬間から酸化作用を起こします

 

この2つの作用を鑑みると、生大根は食べる直前に食べる形態にすることが理に適っているといえます。少し手間かもしれませんが効果をより高めるために、食べるタイミングに生大根を用意するように意識しましょう。

 

※繊維を切るように包丁を入れるのが、有効成分をふんだんに生成させるポイントです。皮付きですりおろし大根にするのが一番良い食べ方です。

 

注意点3.排便の時間を習慣づける

トイレ

大根ダイエットから受ける恩恵の一つに解毒作用ともいわれる便秘解消効果があります。水分と食物繊維に富んだ生大根は整腸作用に大変優れているので、食べることで当然排便もスムーズに促されます。

 

しかし、せっかくの便意も時によっては我慢しなくてはならない時間帯もあります。通勤途中や勤務中など、人によって違うと思いますが、できれば排便反射に逆らうことなくすっきりと身を任せたいものです。

 

便意を我慢して逃してまうと、繰り返すうち癖になり直腸性便秘に派生します。排便は決まった時間に習慣づけることが可能ですので、朝にゆっくりとお手洗いに入れる時間帯を設けましょう

 

排便できなくても、あきらめないことが大切です。まずは朝起きたらコップ1杯のミネラルウォーターや御白湯を飲み、便座に座る習慣をつけましょう。

 

関連コンテンツ

スポンサードリンク