腸内環境を良くする為の3つの方法について

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加  

腸内環境を良くする3つの方法を紹介

腸内の状態が健康に大きく影響を与えるため、不調を感じる方や病気を予防したい方は乳酸菌を摂取して腸内環境を改善することが重要です。

 

そこでポイントとなるのが、3つの機能性食品です。今回は、これらの機能性食品の摂取によって腸内環境を良くする3つの方法をお伝えします。

 

プロバイオティクスで腸内フローラを改善

腸内フローラのバランスを整えて身体によい作用をもたらす生きた微生物のことを、「プロバイオティクス」といいます。プロバイオティクスを摂取して腸内によい菌を増やすことで、健康増進を図る考えが近年注目されています。

 

プロバイオティクスはヨーグルトや乳酸菌飲料などに含まれており、これらの食品を毎日摂取することが望ましいです。

 

プロバイオティクス

 

しかし、種類によっては腸に到達するまでに胃酸や胆汁酸などによって分解されてしまうため、生きたまま腸に届けられるように胃酸に強いものを選ぶのが重要です。

 

プレバイオティクスでプロバイオティクスを活性化

プロバイオティクスが腸内で活動するためにその働きを助けるのが、「プレバイオティクス」と呼ばれる物質です。プレバイオティクスは腸内でプロバイオティクスのエサとなって、善玉菌の増殖を促します

 

オリゴ糖や食物繊維などは、腸内に生息する善玉菌の栄養源となるうえ、消化管上部で分解・吸収されにくい性質も持ち合わせていることから、プレバイオティクスとして認められています。

 

プレバイオティクス

 

プレバイオティクスの働きによってプロバイオティクスが活性化するため、両者を同時に摂取するのがとても効果的です。

 

バイオジェニックスで体全体の機能を向上

プロバイオティクスやプレバイオティクスは、腸内フローラを改善することによって身体の健康を促進しますが、バイオジェニックスはこれらとは異なる考えで健康維持を図ります。

 

「バイオジェニックス」とは、腸内フローラを介さずに身体に直接的に働きかける物質のことで、生活習慣病や老化防止に期待ができることで知られています。

 

ビタミン類や生理活性ペプシド、カロチノイド、植物性ポリフェノールなどがバイオジェニックスに該当し、免疫機能の向上、コレステロールや血圧、血糖などの低下、活性酸素の減少などの働きが期待できます。

 

バイオジェニックス

 

このように、バイオジェニックスは腸内フローラの改善に留まらず、体全体の機能を高められる物質といえます。

 

3つの方法を同時に行うのがベスト

ご紹介した3つの方法はそれぞれ単一で行うよりも、組み合わせることでより高い効果が得られます。特に、腸内にプロバイオティクスを定着させるためには、プレバイオティクスは非常に頼りになる存在です。

 

バイオジェニックスは腸内環境の状態に左右されることなく、安定的に体の機能を高めますが、プロバイオティクスやプレバイオティクスも食事で上手に取り入れましょう。

 

3種類の機能性食品

 

3つの機能性食品を組み合わせて摂取することで、生活習慣病の予防や健康維持への大きな効果が期待できます。