やずやの特選よりどり雑穀を使った感想を紹介

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加  

やずやの特選よりどり雑穀の特徴・価格・注意点

やずやといえば、色々な健康食品を販売している、CMや折り込みチラシなどでもお馴染みの会社ですね。

 

やずやの雑穀は人気商品なのでご存知の方も多いと思いますが、今回「やずやの発芽十六雑穀」、「やずやの発芽十六雑穀いっしょにカルシウム」、「やずやの七彩御膳」という3種類の人気雑穀商品が入ったお試しセットが発売されていました。

 

「やずやの発芽十六雑穀」は2年ほど前に食べた記憶があるのですが、他の2種類の商品は食べた事がなかったので、注文してみることにしました。

 

特選よりどり雑穀が届きました。

 

特選よりどり雑穀の特徴

  • 16種類の穀物はすべて国内産を使用。
  • 16種類の穀物すべて農林水産省の規定の農薬、濃度で栽培。
  • 16種類のうち12種類の穀物を発芽させている。(アラニン、ギャバが増加)
  • ハト麦、豆類、とうもろこしは食べやすくする為にひきわりを使用。
  • 遺伝子組み換え大豆・青大豆・黒大豆・とうもろこしは不使用。

 

特選よりどり雑穀を開けてみました。

 

価格面

お試し

-

 

通常価格

1箱(28小袋入り) 4,094円(送料 324円)

 

定期価格

1袋(100g入り) 3,684円(送料無料)

 

1袋分の単価

約132円(定期価格から算出)

 

 

危険性・副作用が出ない為に

雑穀が原料なので、穀物アレルギーが心配な方は控えてください。

 

その他、妊娠中の方への使用、最新の情報については、特選よりどり雑穀を販売しているやずやの公式サイトにてご確認ください。

 

公式サイトへ

やずやの発芽十六雑穀を使ってみた感想

やずやの発芽十六雑穀

 

原材料面

原材料名一覧

発芽もち玄米・発芽はだか麦・胚芽押し麦・発芽青玄米・発芽もち黒米・発芽もち麦・発芽ハト麦・発芽もち赤米・発芽もちきび・大豆・発芽もちあわ・発芽小豆・発芽ひえ・青大豆・黒大豆・発芽とうもろこし

 

栄養成分面

栄養成分表示(100gあたり)

エネルギー 343kcal、たんぱく質 9.5g、脂質 2.2g、糖質 68.7g、ナトリウム 2mg、食物繊維 5.2g、γ-アミノ酪酸 7mg

 

栄養成分表示(25g/袋あたり)

エネルギー 85.75kcal、たんぱく質 2.375g、脂質 0.55g、糖質 17.175g、ナトリウム 0.5mg、食物繊維 1.3g、γ-アミノ酪酸 1.75mg

 

やずやの発芽十六雑穀

 

お米2合に対して、やずやの発芽十六雑穀を1袋入れて、軽く掻き混ぜます。

 

やずやの発芽十六雑穀の中身

 

水は2合分の分量より少し多めに入れて、炊飯器で炊くだけです。

 

作っている様子

 

特に匂いはありません。少し小豆っぽい色になっていて、色や形の違う16種類の雑穀が、白米と混じり合ってふっくらしています。

 

食べた感想は、白米よりもモチモチ感があり、さらにプチプチとした食感が楽しめて美味しいですね。メタボーは白米よりも美味しく感じました。

 

やずやの発芽十六雑穀入りのご飯を食べている様子

 

子供たちに食べさせてみたところ、次男は見た瞬間「これいらん」とちょっと警戒していて、少し食べさせましたが、次男は雑穀がちょっと苦手のようです。

 

長男も何も言わず、美味しそうに食べていました。

やずやの発芽十六雑穀いっしょにカルシウムを使ってみた感想

やずやの発芽十六雑穀いっしょにカルシウム

 

原材料面

原材料名一覧

発芽もち玄米・発芽はだか麦・胚芽押し麦・発芽青玄米・発芽もち黒米・もち米粉末・発芽もち麦・カキガラ粉末・発芽ハト麦・発芽もち赤米・発芽もちきび・大豆・発芽もちあわ・発芽小豆・発芽ひえ・青大豆・黒大豆・発芽とうもろこし

 

栄養成分面

栄養成分表示(100gあたり)

エネルギー 351kcal、たんぱく質 8.4g、脂質 2.9g、糖質 65.7g、ナトリウム 15mg、食物繊維 7.1g、カルシウム 1333mg、γ-アミノ酪酸 6mg

 

栄養成分表示(28g/袋あたり)

エネルギー 98.28kcal、たんぱく質 2.352g、脂質 0.812g、糖質 18.396g、ナトリウム 4.2mg、食物繊維 1.988g、カルシウム 373.24、γ-アミノ酪酸 1.68mg

 

やずやの発芽十六雑穀いっしょにカルシウムの中身

 

作っている様子

 

作り方は、やずやの発芽十六雑穀と同じです。

 

出来上がりました。

 

特に匂いはありません。味や食感もやずやの発芽十六雑穀と見分けがつきませんでした。モチモチ感があり、プチプチした食感で美味しかったです。

 

カルシウムは骨や歯の形成に必要な栄養素なので、特にお子さんがいる家庭なら、価格は高くなってしまいますが、やずやの発芽十六雑穀いっしょにカルシウムの方がおすすめですね。

 

やずやの発芽十六雑穀いっしょにカルシウム入りのご飯を食べている様子

 

あとおにぎりパックンというおにぎりが作れるグッズが入っていましたので試しにおにぎりを作ってみました。

 

おにぎりパックン

 

おにぎりパックンにまずラップを敷いて、そこに海苔→ご飯→梅干し→ご飯→海苔の順番に重ねてからフタをして、前後に振るだけでおにぎりが完成します。

 

おにぎりパックンでおにぎりを作っている様子

 

おにりぎが完成しました

 

おにりぎを食べている様子

 

おにぎりの形をしていますが、持っているとボロボロと崩れてきますね。

 

もう少しギュッと抑えてからフタを閉めた方がよかったかな?

 

今回初めてだったので、何度か作っているうちに、コツをつかめてうまく作れるようになるとは思います。

やずやの七彩御膳を使ってみた感想

やずやの発芽十六雑穀いっしょにカルシウム

 

原材料面

原材料名一覧

発芽もち玄米・発芽はだか麦・胚芽押し麦・発芽青玄米・発芽もち黒米・ちりめんじゃこ・黒大豆(黒千石100%)・発芽もち赤米・にんじん・さつまいも・乾燥わかめ・干ししいたけ・発芽もち麦・大根葉・発芽もちきび・大豆・発芽もちあわ・発芽小豆・青大豆・黒ごま

 

栄養成分面

栄養成分表示(100gあたり)

エネルギー 343kcal、たんぱく質 11.5g、脂質 2.9g、糖質 65g、ナトリウム 203mg、食物繊維 5.6g、γ-アミノ酪酸 11mg

 

栄養成分表示(28g/袋あたり)

エネルギー 96.04kcal、たんぱく質 3.22g、脂質 0.812g、糖質 18.2g、ナトリウム 56.84mg、食物繊維 1.568g、γ-アミノ酪酸 3.08mg

 

やずやの発芽十六雑穀いっしょにカルシウムの中身

 

作っている様子

 

作り方は、やずやの発芽十六雑穀と同じです。

 

出来上がりました。

 

にんじんやさつま芋なども入っているので、これまで紹介した2種類の雑穀よりも色鮮やかな感じがしますね。

 

ただじゃこのような匂いふんわりとしてきます。

 

食べてみると予想通り、口に入った瞬間、ほんのりとじゃこのような香りと味が口の中に広がってきます。

 

やずやの発芽十六雑穀いっしょにカルシウム入りのご飯を食べている様子

 

メタボーはじゃこ単品で食べるならまったく問題ないのですが、このじゃこのニオイとご飯と混ざった味がちょっと苦手ですね。

 

子供2人も、「これいらん」って食べませんでした。

 

魚嫌いな方、お子さんにはちょっと厳しいかもしれません。

 

最後に3種類のご飯を冷凍して置いていたので、食べ比べをしてみました。

 

3種類の雑穀ご飯

 

「やずやの発芽十六雑穀」と「やずやの発芽十六雑穀いっしょにカルシウム」に関しては、プチプチ感とモチモチ感があって美味しかったです。メタボーには味の違いは分かりませんでした。

 

3種類の味を食べ比べしてみた。

 

それに比べて、最後に食べた「やずやの七彩御膳」は、じゃこの風味がやっぱりダメでした。

 

公式サイトへ

 

関連コンテンツ