8時間ダイエットのお役立ち情報

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加  

8時間ダイエットを成功させる為に知っておきたい事

時計を持つ女性

 

昨年から話題のダイエットに8時間ダイエットがあります。口こみで人気が出てから早一年が経過しましたが、実際に実践された方の成果はどのようなものだったのでしょうか?

 

様々な体験談から、成功した人、そうでない人の傾向をまとめ、どのようなタイプや体質で向き不向きがあるのか考察してみました。これから始める方も、またチャレンジしようと思う方も宜しければ参考にしてみてください。

 

8時間ダイエットとは?

8時間ダイエットとは大まかに言うと8時間の間はカロリーを気にせずに、何を食べても何を飲んでも良いという、ダイエットらしからぬフリーダムな法則にのっとたダイエット方法です。ただ、より成功に近づけるためにはプラス要素の実践が大切になります。

 

成功させるためにプラスして行いたいこと

女性

 

摂取カロリーの上限を決めておく

カロリー摂取は自由ですが、やはりある程度の枠組みは必要です。トランス脂肪酸などあきらかにカロリー過多を招く食品の摂取を防ぐためにも、摂取カロリーを一定にしておけば、そのなかで腹もちの良いカロリーの低い食事を食べるスタイルが生まれます。

 

自分の体重と年齢から換算した1日の必要摂取カロリーを算出しておきましょう。

 

8時間のうちで食べるタイミングを極力変えない

普段の食事でも言えることですが、食べるタイミングがずれるとそれに伴って大切な消化活動も代謝機能もついてゆくのに必死な状態になってしまいます。

 

このようになると体調不良が突然やってくる可能性が高くなります。極力自分の決めた時間内で8時間ダイエットを実行し、食事時間も厳守するように心がけましょう。

 

必ず時間内におさめ、夜8時以降は実行しないようにする

少しだから大丈夫!と油断して8時間の枠を超えると消化しにくい体質を招く恐れがあります。きっちり8時間以内で食べます。

 

そしてできれば夜8時以降にまたがない時間配分が最適です。仕事などで難しいこともあるかもしれませんが、健康的にダイエットできてこそ真の成果が問われます。

 

夜はしっかり寝ることで体がリセットされます。そのためには胃に物が入った状態では代謝機能も不具合を生じ、夜に活性するホルモンの働きひとつとってみても機能することが消化にとられて立ち行かなくなってしまいます。

 

甘すぎるもの、油の多い物などは避ける

こてこての食べ物は消化が悪くて胃もたれをおこします。

 

何を食べても良いとはいえ、体にとって消化の良い食べ物を選択することはとても重要です。体を大切に気づかうダイエットを目標にしましょう。

 

良く噛んで食べる

噛まずに飲みこむように食べてしまうと、唾液の分泌もおろそかになり体内酵素の働きも活性されません。このような食べ方が常態化すれば当然、脂肪は代謝が難しくなり体内にどんどん蓄積されて太りやすい体質に移行します。

 

しっかり良く噛んで食べましょう。良く噛むことで満腹中枢が刺激されて、食べる量も自然とセーブされていきます。

 

8時間ダイエットが成功しやすい人のタイプ

水分補給をこまめにして、老廃物の排出がスムーズな体質になっている

運動習慣があり、基礎代謝が高い

時間を厳守したうえで、カロリー摂取量を考慮した食事内容に気を使っている

じっとすることがなく、デスクワークの途中でも簡単なストレッチなどをして身体活動の可動域をスムーズにしている

夜8時までに食べ終え、しっかり睡眠をとっている

入浴はシャワーではなく、湯船に浸かって体をよく温めて血行を良い状態をキープしている

極端に冷たい食べ物や熱い食べ物は控えて、適温の食事を食べるようにしている

食事をするときはテレビなどを見ず、食べることを楽しんでいる

飲み物はミネラルウォーターなどカロリーの気にならないものを飲んでいる

野菜の摂取を多く心がけ、魚・鶏肉など高タンパク低カロリーを意識している

 

8時間ダイエットがうまくいかない人のタイプ

良く噛まずに食べている

ドカ食いが多く、量もカロリーも全く気にしないで食べている

運動習慣がなく、全く歩くこともしない

食事内容が偏っていて、お菓子の量が非常に多い傾向にある

水分補給がこまめにされず、ジュースやスポーツ飲料を飲んでいる

お風呂はシャワーですませることが多い

夜寝るのが遅く睡眠不足状態が日常的になっている

冷たい食べ物や飲み物が好きで、アイスなどは毎日のように食べている

脂身のお肉が好きで、野菜をほとんど食べていない

 

どうでしょうか?成功する人、うまくいかない人の取り組む姿勢をまとめていくと、やはりダイエットに対する意識の持ち方が大きく関わっているように感じます。

 

8時間ダイエットは捉え方によっては自由なイメージが強いダイエットです。しかし、いかにそのなかでダイエットに工夫を持ち込むか?という考えも必要な一面もあります。

 

どんなに食べても良いスタイルであっても、体を労わった内容で取り組むことが大切といえます。

 

特に読んでもらいたいコンテンツ一覧

酵素ダイエットのやり方とポイント

酵素ダイエットを成功させる為に確認しておきたい事まとめ

酵素ドリンクを選ぶ際にチェックしておきたいポイント

復食(回復)期間のレシピ〜メタボーが実践のメニューも公開中!

 

メタボーの断食体験レビュー一覧

ヨーグルト断食で1日断食にメタボーが挑戦!

2日断食にメタボーが挑戦

3日断食にメタボーが挑戦

1ヶ月間1食を酵素ドリンクに置き換え生活