酵素サプリを植物発酵エキスに使われている原料が多い順番に紹介

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加  

植物発酵エキスの原料数と発酵・熟成期間で比較

色々な野菜

植物発酵エキスの原料については、各メーカーによって選定の基準などが異なります。

 

例えば、デザイナーフーズプログラムというアメリカの国立機関が健康に役立つ40種類の食品を選定しており、その中から厳選して原料を選んでいるメーカーや陰陽のバランスを考えて果物の使用は少量に抑えているメーカーなど、各メーカーによってこだわりがあったりします。

 

そういった中で今回は、植物発酵エキスに使われている原料が多い順番に紹介しています。

 

ただし一概に植物発酵エキスの原料が多いからおすすめという訳ではありませんので、一つの指標として参考にして頂ければと思います。

 

※期間の項目は、原料を発酵・熟成させている期間となります。

 

カプセルタイプ

商品名

原料数

期間

酵水素328選生サプリメント

328

2年

からだのレシピ 222種類の生酵素

222

3年

丸ごと熟成生酵素

120

3年以上

ベジーデル酵素粒

106

約3年

日本盛 植物生まれの酵素

100

2年

彩光 酵素100選

100

2年

熟成健美 野草酵素

約90

約2年

オリヒロ 植物酵素カプセル

85

約1年

seedcoms 野草酵素

約80

不明

酵素黒酢革命

75

約3年

スリムサポート酵素

約70

3年

OMX(オーエムエックス)

65

3年

日本自然発酵 根菜酵素

15

1ヶ月


 

カプセルタイプに関しては、原料数で比較してみると、「酵水素328選生サプリメント」が328種類と断トツの1位となっています。

 

ただメタボーの考えですが、原料同士の相性もあると思うので、一概に原料の数が多ければ多いほど良い商品であるとは言えないと思います。要はバランスが重要なんじゃないかなと。

 

錠剤タイプ

商品名

原料数

期間

イースト×エンザイムダイエット

100以上

1年以上

ベジライフ酵素粒

90

3年

みどり酵素

85

非公開

小林製薬 野菜と酵素

24

2日

セシール リアルサプリ酵素

18

6ヶ月


 

次に錠剤タイプについては、「イースト×エンザイムダイエット」、次で「ベジライフ酵素粒」となっており、発酵・熟成期間なども考慮すると、「ベジライフ酵素粒」の方がいいのかなと思います。

 

ペースト・ゼリータイプ

商品名

原料数

期間

酵素時間

107

3年半

80種類のめぐみジュレ

80

1年

大平酵素

65

3年

植物酵素ゼリー

約60

1年〜1年半

万田酵素 プラス温

約53

3年3ヶ月


 

最後にペースト・ゼリータイプについては、「酵素時間」がもっとも多くなっています。さらにプロテオグリカンという美容成分も配合されているので特に女性におすすめです。

 

酵素サプリの目的別比較情報一覧

価格面

飲みやすさ

植物発酵エキス量

麹菌エキス量

価格面

飲みやすさ

植物発酵エキス量

麹菌エキス量

原料の種類

カロリー量

ダイエット成分

全額返金保証

原料の種類

カロリー量

ダイエット成分

全額返金保証

 

関連コンテンツ


【豆知識】野草のパワーと煎じ方について

日本はお茶の美味しい国で、今世界的にも私たちが飲んでいるジャパニーズティーが注目を集めています。外人さんをも虜にするお茶は、近年種類が豊富で様々な自然の恵みが自慢です。

 

野草を用いたものも人気で、ブレンドしたタイプが口当たりがよく飲み易いのでお勧めです。

 

野草のパワー

自生する植物はしっかりと地面に根を張り、大地から自らの力のみでぐんぐん育っています。人の手が加わったものに比べると葉の色も濃く、フィトケミカル成分が漲り栄養価が非常に高い状態です。

 

ドクダミ

 

野草においても同じです。ドクダミやスギナなど煎じてお茶にすれば、強い抗酸化力から代謝も血行も促進されて体が動きやすくなるのがわかります。

 

野草図鑑や野草のHPも人気が高まっています。休日に散歩に出かけながら野山で野草を採取して、オリジナルのブレンドティーやお浸しなどの副菜の1品として効能を取りいれてみるのも良いかもしれません。

 

野草の煎じ方

1.ドクダミなどお気に入りの野草を見つけたら水洗いをして汚れを取り除き、新聞紙やキッチンペーパーの上などに広げて乾かします。

 

2.キッチンばさみなどで乾燥したものを3センチ程の長さに等分して切ります。

 

3.切った野草をフライパンで乾煎りして水気を飛ばします。

 

4.野草20gに対して約500mlの水を用意したら、やかん(琺瑯か土瓶がお勧め)に入れて蓋をしないで30分間煎じます。

 

5.蓋をして火からおろしたら暫く蒸らします。