酵素ダイエット中のアルコール飲料の摂取について

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加  

ビールなどアルコール飲料の摂取について

ビール

酵素ダイエット中にアルコールを飲みたい方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的には控えた方がよいと思います。

 

ただ酵素ダイエットのやり方次第では、少しならアルコール飲料を飲んでも問題ないんじゃないかなとメタボー的には思っていますがその辺りについてちょっと書いてみたいと思います。

 

1日3食を置き換える場合

特に3食を酵素ドリンクに置き換えるような完全な断食を行う場合、空腹な胃の中に急にアルコールを入れると、胃に強い刺激を与えて、胃の粘膜が荒れて胃炎などの原因にもなります。

 

特にアルコール度数が高いウイスキーや焼酎、あと炭酸で割るようなお酒なども気を付けた方がよいと思います。

 

またアルコールは体内で分解するのに、たくさんの消化酵素や栄養素が必要になるので、内臓にかなりの負担がかかってしまい、断食の本来の目的である内臓を休ませることができなくなってしまいます

 

1日1食を置き換える場合

1日1食のみを酵素ドリンクに置き換えるような場合は、空腹時のアルコールは控えた方がよいですが、ダイエット中でストレスも溜まっていると思いますので、食後に適度な量のアルコールであれば、リラックス効果も期待できるので、問題ないのではないかなと思います。

 

一応アルコールのカロリーは体内に蓄積される可能性は少ないと言われていますが、ダイエット中ということで、糖質ゼロまたは、糖質が少ないアルコール類を選ぶようにした方がいいのかなと思います。

 

そしてアルコールには蒸留酒と醸造酒という2種類があり、ダイエット中に飲むなら、糖質が含まれていない蒸留酒がおすすめということになります。

 

蒸留酒

醸造酒を蒸留して造られているので糖分や酸味などは抽出されていません。要するに糖分は含まれていないという事です。

 

焼酎、ウイスキー、ブランデー、ウォッカ、ジンなど。

 

醸造酒

穀類や果実の糖分を利用し、酵母によってアルコール発酵させて造られたお酒なので、糖分が含まれています。

 

ビール・日本酒・ワインなど。

 

ワインを飲む男性

ワインは糖分が高いのですが、抗酸化物質であるポリフェノール類が含まれており、唯一のアルカリ性のアルコール飲料なので、酸性体質対策としては、ビールや日本酒を飲むのであれば、ワインの方がおすすめかなと思います。

 

ちなみに酸性体質になると疲れやすくなったり、老化が進んだり、免疫力も低下してしまい、病気にかかりやすくなりますので注意が必要です。

 

その他、ビールがどうしても止められないという方への注意点として、ビールには食欲を増進する働きがあることから、食事中だと食べ過ぎてしまう恐れがあるので、必ず食後に飲むようにしましょう。

 

またアルコールを過剰に摂取してしまうと、体内から水分が奪われていきますのでダイエットの阻害要因となりますし、アルコールが体内に入ると、食べ物の消化よりも優先的にアルコールを分解していくことから、食べ物が消化しきれず、脂肪が蓄積されやすくなると言われています。

 

アルコールだけではなく、食べ物などもそうですが、過剰に摂取することで、年齢と共に体が対応できなくなってきますので、適度な量を心掛けるようにした方がいいのかなと思います。

関連コンテンツ

 

 

次のページでは…

疑問や悩みが解決しましたら、今度は酵素ドリンクの選び方についてお伝えしたいと思います。

 

酵素ドリンクを選ぶ際にチェックしておきたいポイント


特に読んでもらいたいコンテンツ一覧

酵素ダイエットのやり方とポイント

酵素ダイエットを成功させる為に確認しておきたい事まとめ

酵素ドリンクを選ぶ際にチェックしておきたいポイント

復食(回復)期間のレシピ〜メタボーが実践のメニューも公開中!

 

メタボーの断食体験レビュー一覧

ヨーグルト断食で1日断食にメタボーが挑戦!

2日断食にメタボーが挑戦

3日断食にメタボーが挑戦

1ヶ月間1食を酵素ドリンクに置き換え生活