オリヒロ 植物酵素ドリンクの体験レポート

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加  

メタボーがオリヒロ 植物酵素ドリンクを徹底検証してみました。

オリヒロ 植物酵素ドリンクの総合評価

オリヒロ 植物酵素ドリンク

飲みやすさ【◎】

マミーを薄めたような味で、甘すぎずサッパリして飲みやすい。

 

原料のおすすめ度【▲】

植物発酵エキスとして、85 種類の野菜や果物などを使用している。発酵・熟成期間は未掲載。また主成分が乳糖果糖オリゴ糖になっているのがちょっと残念。

 

添加物の安全性【▲】

人工甘味料(スクラロース)、香料を使用。

 

価格のお手軽度【▲】

お試し:なし

通常:3本セット(50ml/本) 950円前後

定期:なし

 

総合評価【×】

プラスポイント

1本あたり8.5kcalと低カロリー。

電話相談が可能。

マイナスポイント

乳糖果糖オリゴ糖が主成分になっている。

スクラロースが人工甘味料として使われている。

植物発酵エキスの原材料が未掲載。

置き換えダイエット目的の商品ではない。

 

メタボーからのコメント

上記でメタボーの意見として、オリヒロの植物酵素ドリンクを評価させて頂きましたが、他のドリンクと違いコラーゲンドリンクのように1本づつ瓶に入ったタイプとなっていて、水や炭酸水などで割らなくても飲みやすく、1本あたりのカロリーがわずか8.5kcalというのはダイエットをされている方にとっては嬉しいですね。

 

ただ気になった点として、植物発酵エキスの原材料がオリヒロの販売サイトやパッケージなどに掲載されていないのは、アレルギーが気になる方もいると思うので、ちょっと不親切な感じがしました。

 

あと原料の中に、香料や人工甘味料としてスクラロースが使用されていたり、主成分が乳糖果糖オリゴ糖であったり、価格にちょっと割高感もあります。

 

またサポートに確認してみると、プチ断食のような食事を置き換えて飲む商品ではないということで、酵素ダイエットに最適なドリンクという視点で、総合評価は【×】とさせて頂きました。

メタボーがレビューしてる酵素ドリンク一覧

 

目次へ戻る

各項目別の検証結果一覧

飲みやすさを検証

オリヒロ 植物酵素ドリンクの原液と水で割ったもの

1杯分の量の目安(カロリー)

1本 50ml(8.5kcal)

 

におい

マミーのような匂いがします。

 

ヨーグルト風味と書かれていますが、マミーを薄めたような味で、甘ったるい感じもなく、かなりサッパリとした飲み心地です。

 

 

原料・こだわり度を検証

オリヒロ 植物酵素ドリンクの成分・原材料

原料の種類

植物発酵エキスとして91種類の野草類・野菜類など。配合している原料は不明。

 

原産地

未掲載。サポートに確認してみると、国内外の原料を使用しているそうです。ページ下にサポートに確認した際の詳細を掲載。

 

発酵・熟成期間

未掲載。サポートに確認してみると、発酵・熟成期間は1年だそうです。

 

原材料一覧

乳糖果糖オリゴ糖、植物発酵エキス末(デキストリン、オリゴ糖、砂糖、てんさい糖、よもぎ、その他)、乳酸、安定剤(大豆多糖類)、ユッカ抽出物、香料、甘味料(スクラロース)

 

栄養成分一覧(25mlあたり)

エネルギー 8.5kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 2.57g、ナトリウム 0〜5mg

 

 

オリヒロ 植物酵素ドリンクに配合している添加物を検証

着色料

不使用。

 

甘味料

人工甘味料としてスクラロースを使用。

 

保存料

不使用。

 

その他の添加物

製造用剤としてユッカ抽出物、安定剤(大豆多糖類)、香料を使用。

 

 

オリヒロ 植物酵素ドリンクの価格面を検証

お試し価格

-

 

通常価格

3本セット(50ml/本) 950円前後(送料は販売店により異なる)
※ケンコーコムだと1,980円以上で送料無料なので、まとめ買いがお得。

 

定期価格

-

 

 

飲み方・回数を検証

プラン

朝食

昼食

夕食

合計

回数/本

 プチ断食

メーカーに確認してみると、プチ断食など食事を置き換えて飲むことを目的とした商品ではないそうです。

×

×

 1日断食

1日断食もプチ断食と同様。

×

×

 2日断食

2日断食もプチ断食と同様。

×

×


※サポートからアドバイスをもらった飲み方を参考に1杯分の摂取量を算出。

 

オリヒロのサポートへの質問

すべて国産の原料でしょうか?

日本・アメリカ・中国・インドなどでございます。

どのくらいの期間、発酵・熟成されているのでしょうか?

植物発酵エキス末の熟成・醗酵の期間は1年でございます。

植物発酵エキスに使われている原料を教えてください。

未回答。

目次へ戻る

 

オリヒロ 植物酵素ドリンクの口コミ&評価

オリヒロから発売の植物酵素ドリンクを飲まれた方の口コミ情報をまとめてご紹介しています。

匿名さん

お薦め度3
酵素ドリンクというよりは栄養ドリンクという感じ。効いているのかどうかは分からないけれど、飲んでいると体調はいいので続けていきたいと思っています。

 

鈴木さん

お薦め度3
酵素を体内に取り入れようと思いオリヒロの通販サイトで購入しました。毎朝、通勤の車の中でごくっと飲んでから出勤しています。飲むようになってから、仕事でちょっと体を動かしただけで汗が出るようになりました。これからも飲み続けて変化を楽しみたいと思います。

 

あいりさん

お薦め度3
オリヒロの植物酵素ドリンクは飲みきりサイズというのがいいですね。そのたびに買うのもめんどうですが、おいしいのでそこは辛抱です。もう少し本数増えたセットがあってもいいのになと思います。

 

OceanViewさん

お薦め度2
オリヒロの植物酵素ドリンクは、酵素を取るというよりは、健康ジュースを飲んでいるという感覚でのめるのがいいですね。味もヨーグルト風味なのがうれしいです。ただし、毎日続けたいけれどそれにしては少し高い気がします。

メタボーがレビューしてる酵素ドリンク一覧

 

メタボーが選んだ!おすすめ酵素ドリンクベスト3

 

目次へ戻る

 

目的別比較情報一覧

味・飲みやすさ

全額返金保証

お試し

価格・単価

飲みやすさで比較

全額返金保証で比較

お試しで比較

1回あたりの価格・単価で比較

原材料の種類

成分の種類

サポート面

カロリー面

原材料の種類で比較

美容・ダイエット成分で比較

サポート面で比較

カロリー面で比較

 

特に読んでもらいたいコンテンツ一覧

酵素ダイエットのやり方とポイント

酵素ダイエットを成功させる為に確認しておきたい事まとめ

酵素ドリンクを選ぶ際にチェックしておきたいポイント

復食(回復)期間のレシピ〜メタボーが実践のメニューも公開中!

 

メタボーの断食体験レビュー一覧

ヨーグルト断食で1日断食にメタボーが挑戦!

2日断食にメタボーが挑戦

3日断食にメタボーが挑戦

1ヶ月間1食を酵素ドリンクに置き換え生活

 

オリヒロ植物酵素ドリンクはほかのドリンクとは違い、50ミリリットル入りの小瓶で売られています。85種類の野草や果物などを発酵、熟成させて作られた商品です。低カロリーなので、ダイエット中の方でも気にせず飲むことができます。毎日の健康維持のためのドリンクという傾向が強く、ダイエット向けというものではありません。価格は50ミリリットル入り3本入りが990円。一日1本を毎日飲むと計算すると1ヶ月あたり9900円となるのはすこし高いような価格です。

【豆知識】30代になると急に痩せられなくなる理由とは?

過食の代償に急激に体質の変化が生じる30代は、痩せられない理由を作り上げてしまう年齢に突入する時期です。

 

私達人間は生まれもって、生命活動に必須の体内酵素を保有しています。食物を分解して体の隅々まで栄養分を供給する触媒ですが、呼吸・消化・思考・栄養の吸収といった広範囲での身体維持に深く関わっていて、20歳を過ぎるころから徐々に減少していきます。

 

この酵素の不足こそが30代の痩せられない理由を作っている大元と言及される説が高まっています。

 

疲れている男性

 

成人するまでは家庭で栄養が管理されているので比較的、酵素の働きに影響はないものの、外食などが思うままにできる年齢になり明らかにカロリー摂取量が上回ると、それを消化しようと体内酵素がどんどんと使われていくのです。

 

体内酵素は生まれたときから量が限定されていて、人それぞれに量が違うのが特徴です。

 

特に私達日本人は古くから菜食中心で、遺伝子の関係からも現代の食生活を消化する酵素力に追いついていないのが現状です。

 

結果、太りやすい体質を招いていますので、減少した体内酵素を活性化させるための策を講じることが、痩せられない理由を脱却するポイントになるといえます。

 

例えば、野菜やフルーツ、発酵食品など酵素たっぷりの食べ物や、オリヒロの植物酵素ドリンクなどを摂取するといった感じです。

 

筋肉を破壊する分泌物に要注意!

ウォーキングをしている男性

30代になって気になるのが、二の腕や太腿、ウエストラインなどのたるみ=脂肪です。引き締まり感が全くなく、たぷたぷとした感触がどうにもならずお困りの方も多いのではないでしょうか?

 

この原因を作っているのは代謝の低下で、コルチゾールというストレスホルモンが分泌されるからなのです。

 

コルチゾールは代謝が悪くなるとエネルギー源が上手く供給されなくなって、筋肉からブドウ糖をこっそり拝借する特徴を持っています。運動不足や強いストレスが代謝の低下に拍車をかけていますので、十分に気を付けましょう。

 

夕方のウォーキングなどが代謝を高めるのに効果的で、有酸素運動によって血糖値の上昇やインスリンの分泌量を抑制する作用も大きく期待できます。